わかたの棚田再生(保存)会、23米穀年度の活動 Edit

23年の顛末 Edit

office tanada (2012-02-09 (木) 11:00:20)

23年米穀年度の決算見込みです。画面は拡大します。
23棚田決算.jpg
 結果として会員が無償提供した分があります。
田植えや稲刈りなどの農作業はイベントとして位置づけました。
用水管理等日常の見回り、病害虫防除、畦刈り、水田再生等の人件費、
イベント時の食事等のまかない費(関東支部負担分含む)、
稲刈り機(関東支部)・草刈り機(会員)取得、種まき機譲受・脱穀機賃借謝礼等は運営会員の無償提供です。
少しモミが残っています。
希望の方はoffice tanadaまで連絡してください。


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

イノシシの被害、ワセンゲの修復 Edit

office tanada (2011-11-15 (火) 00:00:38)

野生動物の被害は農作物が荒らされることに加えて、圃場や施設などが壊されることもある。
雪が降る前にワセンゲの修復をしたいので協力してください。
第1段で、9,10,11号田を関東支部実施。
本番は24年再生予定の分。
いずれも夏イノシシに壊されました。

  • ワセンゲ←ウワ(上)センゲ←上水路←山側や上の棚田からの湧水をシャットアウトするために作った水路、水温の低下と泥田化を防いで作業性を確保する。
    ワアゼ←ウワ(上)畔(本格的なもの)、ヨセ(簡単に作ったもの)とも言う。 -- office tanada 2011-11-15 (火) 00:08:53

オーナー会員の皆さんに! Edit

office tanada (2011-11-01 (火) 10:14:30)

稲刈り、ハゼ掛け乾燥後に脱穀、なお天日干し1日、篩と唐箕の古典的な作業を経てモミになりました。
あきたこまち600キロ(白米400キロ位になる)、古代米100キロ(60〜70キロ)です。
オーナーに約束したモミ60キロは20キロづつ紙の袋に入っています。
受け取りにおいでください。
都合を連絡してください。
会員の余裕が少しあります。
古代米は『本物の赤飯』材料です。
家庭の節目には古代米100%の『本物の赤飯』を楽しんでください。白米1キロ当たり600円で配布します。


稲刈りの様子 Edit

(2011-10-03 (月) 18:42:17)

ブログにも、稲刈りの様子をアップしています(^^
よかったら、覗いてみてください♪
ブログ「 あの山のむこう 」 棚田再生カテゴリー


稲刈り第1弾終了しました! Edit

具 ? (2011-10-03 (月) 07:49:48)

9月24日、わかたの棚田の稲刈りが行われました [heart]
総勢30名、お天気にも恵まれ、にぎやかな稲刈りとなりました。
当日の様子は、「美麻づくり通信10月号」にも記事掲載の予定です。
ぜひご覧下さい♪
稲刈り第2弾は、10月8日土曜日10時頃〜です。
ご都合付く方は、ぜひご参加いただけたらと思います(^^

  • 記事ありがとうございました。送っていただいた写真をwiki上で紹介させていただいてもよろしいでしょうか。 -- 広報部会 2011-10-03 (月) 08:45:23
  • はい(^^ 結構です。よろしくお願い致します。 -- ? 2011-10-03 (月) 18:30:32

田んぼの様子、6月1日 Edit

office tanada (2011-06-02 (木) 22:37:11)

畔刈りを始めました。
畔草が相当伸びて、稲の生育に悪影響が心配されるので、畔刈りを始めました。
雨で『水田の見た目』はきれいに見えますが、葦の根のが残った影響か『水持ちが悪い』ようです。
『水管理に苦労』しそうだし、『冷たい水を常時補給する』ことになるので『稲の生育に影響』しそうで、心配しています。
田んぼに名前(1号から11号)を付けました。
わかたの棚田再生(保存)会のページにあります。
会員は確認しておいてください。


無事に田植え完了 Edit

office tanada (2011-05-22 (日) 16:01:37)

22日、あいにくの雨の中田植えが無事に終わりました。
20人参加。
出席の感想はコメント欄からどうぞ・・
それぞれ差し入れ感謝です。

  • 気持良いくらい土砂降りで、
    「ここまで濡れると気持良いね。子どもの時以来の感覚♪」と
    雨の田植えを楽しんでました。
    山留OBも久しぶりに美麻の空気に触れたり、懐かしい再会に
    また来たいと話していました。
    寒い中、熱々の猪汁が有難かったです!
    事前にいろいろ準備をして迎えてくださった現地の方々に
    みな感謝していました。
    お疲れ様でした! -- ? 2011-05-23 (月) 11:15:22
  • みあさづくり通信(地域づくり会議広報誌6月号8ページ)に関東支部からの投稿記事が載っています。 -- office tanada 2011-05-28 (土) 07:09:18

田植え準備順調 Edit

office tanada (2011-05-16 (月) 09:40:59)

代掻きは14日に済んだから、田植えイベントは予定通り22日に行います。
9時ころから、やっています。
代かき.jpg
『山の看板付近』か、『ちょっと道路が広くなった所』においでください。

棚田に出現したこれはなんでしょう?
棚田テント.jpg 窓から.jpg

答えはこちらfileblog-entry-1159.html


わかたの米作り、肥料・農薬 Edit

office tanada (2011-04-22 (金) 22:35:45)

  ◎わかたの棚田は必ずしも米作りに最適な環境ではなく、稲の病気や害虫の被害を受けやすいところです。
少ない肥料で最低限の農薬で済ます工夫をします。
再生田は無肥料で、連続作付け田は6畝位ですが、アルプスアイエム241を20圈▲縫紂実臙呂いいきを60kgを施用します。
  ◎使う農薬を公開します。作付け1反5畝に使う農薬総量
農薬.jpg
左側から、.灰薀肇奪廖△い發蘇造陵祝匹里燭畚佇罎裡横案位前に田んぼに投げ込みます。▲┘螢献礇鵝⊇草のため田んぼの畔から人力で代掻き後に振り込みます。オリゼアドマイヤー、イネドロオイムシといもち病予防のために田植えの時に苗に振りかけます。ぜ鏤劼鮠弾任靴討ら蒔きました。
いずれも防除器具を使うような大掛かりなものにならないように、適期に予防的に使います。


種まきしました。 Edit

office tanada (2011-04-13 (水) 15:01:44)

水浸していた種もみが芽ぐんできてしまったので、苗箱に種まきしました。
予定より4〜5日早いので田植え予定の5月22日まで『持たせるのが大変』かもしれない。
土曜日頃から、田起こし、畔作り、代掻き等本田の準備に取り掛かる。


用水管理用のパイプ類が入荷しました。 Edit

office tanada (2011-03-11 (金) 09:38:15)

棚田は代掻きや夏の用水管理は用水路の整備が十分でないと大変です。
パイプや器具が入荷しました。
現地はまだ雪が積もっています。
雪解けを待って接続の工事?をします。
3月末になりますが、助太刀してくれる方を募集します。
特別な技術は必要ありません。
棚田水管理パイプ.jpg パイプ接続用具  11_0310.JPG

  • パイプや器具の費用を『地域づくり会議』から応援してもらいました。
    重ねて工事を手伝ってくれる方を募集しています。連絡してください。 -- office tanada 2011-03-17 (木) 12:00:39
  • パイプのつなぎこみ工事をしました。関東支部の会員3人が参加。。
    農作業に支障がある部分は埋めた方がいいのですが、現地はまだ雪なのでもう少し経ってからにします。 -- office tanada 2011-04-04 (月) 09:41:36

田植えの日程 Edit

office tanada (2011-03-02 (水) 17:26:25)

農業は天候の都合や作物の育ち具合で作業の日程が決まるのですが、田植えは保存会の最重要のイベントでもありますから、例外的に棚田の田植えの日程をあらかじめ決めます。
もちろん『全部人力』で、天皇陛下様と一緒のお田植(お手植え)を5月22日(日曜日)に行います。


はじめの一歩 Edit

棚田再生ワークショップ (2010-12-17 (金) 23:03:39)

棚田再生のためのちょっとした整備が始まっています。
取り付け道路工事.jpg 上側溝.jpg

  • 棚田で経済性を目指した水田経営は無理だから、せめて『安全で、快適な作業』が保証されなければならない。
    農機具が安全に圃場に入るための取り付け道路は最低の条件だし、晩秋の泥田での稲刈りは相当みじめだから、乾田化も必須条件。
    この状態で『雪の下を過ごす』のだが、23年中に復旧を準備し、24年春の水稲作付けを目指す。 -- office tanada 2010-12-17 (金) 23:26:42

横浜支部 Edit

office tanada (2010-12-04 (土) 20:59:24)

支部会員は草刈り機や、水田用、草刈り用のスパイク付きの長靴等を用意してたびたび現地に訪れています。
活動はこちらのブログでhttp://blog.goo.ne.jp/koomotojo/e/a79b1dc8cbab5b9871f39c5c1118a8ef