Top > 静の桜公園

静の桜公園のいわれ Edit

sakura2.jpg

美麻村には、静の桜と呼ばれる、桜の大木があります。この桜には、悲しい伝説があります。
静御前は源義経の最愛の女性でしたが、兄頼朝に追われ奥州に逃れた義経を追い旅にでました。
義経との再会も果たせず、この地で亡くなりました。そのとき突いていた杖が根付き、桜の大木 となったのだそうです。
 この公園は、その桜を中心とした小さな公園です。八つの章からなる八画絵巻堂は、静御前の 生涯を幻想的に描いたレリーフを納めてあります。(旧美麻村HPより)


  • 静の桜、秋の公園子供祭

    10月21日(土)好天に恵まれ、約100人の参加者を得て「子供祭」を開催することが出来ま
    した。
    kodomomatsuri.jpg
    静の桜幹周当てクイズを小さな子が当て、景品のバーベキュー鍋をビニールの紐で背負い
    自宅まで背負って行く姿は楽しいものでした。その他にも種々
    のゲームや宝探しに興じて15時に散会しました。オープニング演奏の幼子が演じる源流美麻
    太鼓の勇壮な響きが里地にエコーを伴いながら響くのがとても印象的で感激でした。
    「[[しずかの桜環境を守る会>活動団体/しずかの桜環境を守る会 ]]」の活動は市の「笑顔と元気でまちづくり事業?」の一環ですが、来年
    も事業を継続する予定ですので、皆様に良い案がありましたらお寄せください。
    この地区の歴史ある桜古木と公園の管理を奉仕の精神と市の助成で今までのシルバー同様に
    行なえるよう組織を強化したいと思っています。会員の募集もしていますからご参加をお待ちしています。
    (みあさづくり通信2より)